枕が眠りを左右するって本当?

枕が眠りを左右するって本当?

ねむりのコラム

枕が眠りを左右するって本当?

ねむりの相談
公開日2017/11/02
2022/11/15更新日


朝起きたときに、頭が痛い、肩がこる、またイビキや不眠症などで悩んでいませんか?
 
実は合わない枕が良い眠りを妨げる原因になると言われているのです。
 
自分の体にピッタリ合う枕が大切です。
 
みなさん、頭だけを枕に乗せて寝ていませんか?
 
実は自分の肩口に枕があたるくらい、深めに頭を乗せるのが正しい当て方なのです。
 
それにより安定感が出て、首や肩が疲れにくくなります。
 
正しい当て方をしてから高さを選んでください。
 
理想の枕とは、首すじのスキマをピッタリと埋めてくれるもの!
 
それが頭をしっかりサポートすることで安定感が出て、理想的なまくらとなります。
 

枕選びの3つの条件とは?

POINT① 高さ
人それぞれ頭の大きさや体型が違うために、枕の高さも人それぞれ違うもの。
 
立っているときの姿勢を寝ている間もキープできる自然な高さのものを選びましょう。
 
しかし自分に合っているまくらの目安は、なかなか自分では分からないものです。
 
一度店頭に足を運び、試しに横になってみることが大切です。
POINT② 大きさ
寝返りしても頭が落ちず、肩先までをしっかり支えるサイズは、横幅60センチ以上、奥行き40センチ以上といわれています。
 
枕は端から端までゆったりと使いましょう。
POINT③ 素材
好きな素材を自由に選びましょう。それがリラックスへと繋がります。
 
汗っかきの方は洗濯できる素材を選ぶと衛生的でお勧めです。
監修:ネムリウム・スリープマスター編集部
睡眠科学や快眠環境などの専門講習を受けた 眠りのプロフェッショナル。快適な眠りにつくための環境の整え方や寝具選びをご提案致します。 「寝具選び」や「ねむりの悩み」は、分からない事が多い方が大半。 「なんだか眠れない」などのお悩みはお気軽にご相談ください。

※本記事で提供されている情報は信頼性の維持に努めておりますが、正確性・完全性を保証するものではありません。また、特定の商品を推薦・推奨するものではなく、効能・効果を保証するものではありません。
※本記事で提供される情報は掲載当時の一般論になります。治療行為等の一切の医療行為を目的とするものではなく、ご自身の医療上の問題の解決を図りたい場合は、医師や専門家等に相談の上、適切な医療機関をご受診ください。

TOPへ
イベント情報はこちら
無料来店予約ねむりの悩み相談実施中

ネムリウム店舗一覧

店頭でねむりの悩み相談をしております。
お近くの店舗までお気軽にご相談くださいませ。