ねむりの質を高めるためにこだわりたい寝具選び

寝具の選び方

寝具の選び方

ねむりの質を高めるために
こだわりたい寝具選び。

快適に眠るための道具、それが寝具です。
そのアイテムは、掛けふとん、敷きふとん、まくら毛布やカバーリングなどさまざま。
デリケートな身体をやさしく眠りへと誘い、心地よい眠りをつくりだすために、
寝具それぞれの役割を知り、上手に選びたいものです。

素肌にシャツを着ると、肌とシャツの間に空間ができるように、身体と寝具の間にも小さな空間が出来ます。この空間の温度や湿度を「寝床内気象」といいます。夏は涼しく、冬は暖かく眠ることは、睡眠の快適さを決める大切な条件のひとつ。理想的な寝床内気象は、温度が33±1℃、湿度が50±5%(RH:相対湿度)であることが日本睡眠科学研究所の実験結果からわかっています。

室温別の寝具の組み合わせ

寝床内気象を適正に保つためには、季節や室温に応じて、ふとんの種類や素材の組み合わせを変えることが大切です。西川では、次のような組み合わせをおすすめしています。

  • ●敷き寝具は身体に合ったものを選びましょう。
  • ●まくらは高さが調整でき、横向きにも対応できるものを。
  • ●高齢者や冷え性の方などで代謝が低めの方はブランケットを足して保温性を高めましょう。

快適な寝具選びの3つの前提条件。

温度を保つ
「保温性」

適切な湿度を保つ
「吸透湿性」

湿気を発散させる
「放湿性」

睡眠中の身体にやさしいこと。
それが寝具の絶対条件。

「掛けふとん」×「敷きふとん」×「まくら」

寝床内気象は、掛けふとんだけでなく、敷きふとんの保温性や吸放湿性にも影響され、
寝姿勢保持は敷きふとんとまくらの組み合わせに左右されます。
3つのアイテムの組み合わせを考慮した選び方が重要になってきます。

まくらの選び方
掛けふとんの選び方
敷きふとんの選び方
TOPへ

ネムリウム店舗一覧

店頭でねむりの悩み相談をしております。
お近くの店舗までお気軽にご相談くださいませ。